フーテンのリリーの備忘録 | 「やっぱり真面目にね、こつこつこつこつやっていきゃ、いつか芽が出るんだから。」 (男はつらいよ 寅次郎恋やつれ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by リリー on  | 

引っ越しました。

ブログをアメーバに引っ越しました。

http://ameblo.jp/sloth-lily/

よろしくお願いします。

スポンサーサイト
Category : 未分類
Posted by リリー on  | 0 comments 

おそろしや。

今年は頑張ればいけるんじゃないか。


とか思ってたけど、甘すぎた。


去年の本試験を改めて見直していたら、奇跡のような正解がいくつも重なり、短答の成績につながっており、それがなかったら短答落ちレベルか、ギリギリ合格レベルだった。
考えてみれば去年は、肢別本を回す、ということすらできず、ほとんど解いていないままに(肢別本すらやる時間が取れず)自作シートの確認のみで受けたわけで、それであの点数が実力通りの訳ない。


短答はいけるだろう、なんて思って、短答対策は、情報を一元化した自作のシートの読み返しと、短答答練だけで足りるんじゃないかと思ってたけど、それでは間に合わない感がある。


ここはひとつ、予備校かなんかの未見の問題を本試験同様時間を測って、全科目解いて実力を確認したいところだけど、短答答練が始まるのは3月。


どうしようかな。何か手ごろなものはないかな。。模試とか販売してんのかしら。



そして論文も、復習すればするほど寒気が。2011年の民訴法の問題を解いて採点に出したらなんと奇跡の11点。これ確実にFでしょ。なんか、問題の趣旨がよくわからなくて。あれが今年だったら即死。



ところで、肢別本って、時間がかからずお手軽にできるように見えて、相当時間かかりますよね。結局、普通に多肢選択で解いてるのと同じくらい時間かかる。それどころか、逆に時間がかかってしまう場合すらあるかもしれない。考えてみれば当たり前のことなんだけど。

Category : 本試験
Posted by リリー on  | 0 comments 

刑訴の悩み

去年の予備試験初受験。
「商法と、刑訴法で問題を読み間違えていなければ」などと書いたけど、この問題読み間違えは、必然だった。


と、刑訴法の答練を解いていて、痛感した。今回の答練でも、読み間違え。読み落とし。結局、時間内に書き終えることもできなかった(在宅受講)。


ほかの科目ではあまりないのに、なぜ商法や刑訴で読み間違えるか。


それは、基礎的な知識が入っていないからだ。
これに尽きる。


「これは○○の論点の問題か!規範、思い出せるかな」と、ドキドキしながら読んでいるから、事実を読み落とす。
規範や定義、論証といった基本的なところがあいまいだから、それを思い出すだけで大仕事になってしまうのだ。


商法と刑訴法は、後手後手に回り、一番基礎力がついてない科目。特に刑訴は、ひどい。


しかも、刑訴の場合、かなり詳細なあてはめや事案分析が必要となるため、理論面をがっちり押さえるのみならず、相当量の演習をしていないと厳しい。

私は、時間がなくて問題演習がどうしても薄くなる点で、かなり致命的。


どう克服していけばいいか、悩む。





Category : 刑訴法
Posted by リリー on  | 0 comments 

実名報道

1歳の子どもが、遊びに来ていた両親の知人の車に、庭でひかれて亡くなるという痛ましい事故のニュース。


車の事故といってもいろいろで、こういう事案で実名報道がされて、「容疑者」と名がついていると、確かにそれはそうなんだけど、やめようよと思ってしまう。


ひいてしまった人の精神状態は察するに余りある。


1歳の子が車の周りでふらふらしているのが見えなかった。怖い事故だと思う。1歳児は目を離すと、意外なほど一瞬で遠くへ行ってしまう。まして、車に乗っていると、80センチ程度の身長では視界に入らないこともあるだろう。


車を動かすときは子どもは乗せた状態で、というのは割と常識ではあると思う。
でも今回の事故、この知人男性は60歳くらいで子育てはしてても遠い記憶だろうし、友達の家で、友達の子どもとなると、子どもの動向にそれほど気を払ってはいないだろう。親が見ているはずと思うのが普通だと思うし。




実名出す必要性があるんだろうか。



よく目にするのは母親や祖父母がひいてしまった事故。
こういう事故も、もう自殺寸前くらいの精神状態だろう。
わが子や孫を死なせてしまったのだ。この先生きていくことも困難になるくらいだろう。


「なんで車に子どもを乗せてから動かさなかったの」なんて、世間に言われなくても、痛いほど、文字通り死ぬほど後悔しているはずだ。



こういう類の事件では、もう少し実名報道慎重になれないものかといつも思う。必要性が本当に謎。

Category : よしなしごと
Posted by リリー on  | 0 comments 

たまに思うこと

最終合格発表。

口述試験は、まず落ちない試験、という感覚を持っていたけど、思ったよりずっと不合格者が多く、驚いてしまった。

数名のイメージだった…旧司法試験と違って、落ちれば一からやり直しという恐ろしさ。
そんな試験に受かっても、司法試験、そして修習に二回試験に就職活動。

それに加えてこの時間のなさ。これはもうバイオハザードでいう豆腐…三国無双でいう修羅モード…(しらんて)
たまにふと思う。

なんで…なんでこんな修羅道に足を踏み入れたん…(›´ω`‹ )
と。 
かといって諦める選択肢は自分の中で完全に無いので、また淡々と日々送るわけだけども。  
とにかく後悔だけはしたくない。。

 ------

最近はイセキ先生の講義を聴いてるけど、神との評判通り、神だ。
当たり前すぎる論点の解説でも、いちいち発見があり。ずっと勘違いしてたことや、わからなかったところがわかったり。
イセキ先生の講義は、ちょっとしたつぶやきさえも聴き漏らしたら勿体無いという感じ。

もうとにかく頭の良さが嫌という程伝わってくる。

Category : 未分類
Posted by リリー on  | 0 comments 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。